空きを待たなくてはならない特別養護老人ホーム

数年前に祖母が認知症になり、特別養護老人ホームを探したことがあります。ただ結論から言うと、結局祖母は老人ホームには入ることができませんでした。それというのもどの老人ホームもまったく空きがなく、早くて一年、もしくはそれ以上待たないと入居できないとのことだったのです。


これが一般的な老人ホームなら一年程度ならどうにか待つこともできるかもしれませんが、何しろ祖母は認知症を患っていましたので、すぐにでも入居したいくらいでした。それに親戚一同それぞれ家庭も仕事もあって自宅介護の選択肢はなかったので、この時は心底困りました。


でもこればっかりはどうしようもないので、とりあえず規模の大きい特別養護老人ホームに空きができたら連絡をしてほしいとお願いして、私の母が仕事を辞めて当分は我が家で自宅介護を行うこととなりました。


でも待てど暮らせど空きができたとの連絡はなく、二年近く経ってようやく空きができるかもしれないと連絡があった頃には祖母は体調を崩し、入院していたのでした。


そしてそのまま退院することはなかったので、老人ホームに入居はできなかったということになります。そんな経験からいくら高齢化社会とはいえ、必要な時にすぐ入居ができない現状を改善すべきだと思います。