祖母が老人ホームに入所して

私の祖母は数年前に亡くなりましたが、認知症で一人暮らしが継続できない状態になり、特別養護老人ホームを利用しました。入所待ちをしている時は、娘である私の母親が仕事をしながら様子を見に行き、祖母も荒れている状態だったので大変でした。


ホームに入ってからしばらくは混乱が続き、人の部屋に入っては自分の物が盗まれたと騒いだりして、大変でした。私も何度も母親と面会に行きましたが、施設の職員さんはそんな迷惑をかけている祖母にも丁寧に対応してくれていました。


ただ施設で手が足りなかったのか、当時はそういったことに厳しくなかったのか、車いすにひもでくくりつけられている人がいて、「外してください」など学生だった私は頼まれたことがあります。事情を知る母に聞くと、歩けないのに車いすから立ち上がるから危ないのでそうしている、いつもみんなに頼んでいるという状況とのことでした。


当時の私はみんなにいつも頼んでいるんだなと思うと切なく思いました。後に私は自分が介護をする仕事に就きましたが、そういったことは拘束と呼ばれ、よほどの理由と家族、医師などの同意がないとしてはいけないとされていました。


当時は介護保険が始まってすぐだったので、それほど厳しくなかったのかもしれません。祖母はアルツハイマーで徐々に進行していき、最期には飲み込むことも忘れミキサー食のような状態になり、人間を人間と認識できないような状態になりました。


心臓に持病もあったのですが、それを管理してもらい、病院に何度も連れていってもらえたり、祖母がここまで生きられたのは施設のおかげだなと思いました。