安心して入居出来る特別養護老人ホームが増えることを望みます

老人ホームにも、色々な種類があるようです。例えば、老後の生活をゆったりとしたものにする為に、食事から入浴までを、お金を支払うことで賄ってもらい、自分達は生きる為、楽しむ為の自由を求めて利用するような少々リッチな老人ホーム。また全く逆とも言える、生きる為には介護が必要で、最後の住み処とも言えるような特別養護老人ホームまで、多種多様な施設があります。


特に「特養」とも呼ばれる特別養護老人ホームは、家族内での介護が困難な方が、すがるように利用を求めるケースが多く、施設数に対して入居希望者が大変多く、長い順番待ちが余儀なくされている状況です。要介護レベルの高い方から優先順位がつけられての順番待ちとなっていることから、やや低く認定される方の入居が難しくなっている状況なのです。


その為、特養に入居が叶わない場合には、家族が介護の為に仕事から離れなければならないことも生じてしまい、収入も途絶えることから、場合によっては共倒れとなることにも繋がるという厳しい現実もあるのです。


これから益々高齢者が多くなり、特別養護老人ホームの需要は、増える一方だと言えます。先の、老後の生活をゆったりとしたものにする為に、利用するような老人ホームは、個人的に少々リッチな方が自由に入居するものですが、特別養護老人ホームについては、国は更に力を入れて、施設を増やすことや、そこで働く職員の方の待遇改善などを早めなければならないと思います。


自分がその状況になった際に、家族の負担が大きくならないよう、安心して利用出来る老人ホームが多くなれば良いと思わずにはいられません。